ぬっと

精選版 日本国語大辞典「ぬっと」の解説

ぬっ‐と

① 突然現われ出るさまを表わす語。
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「盗人〈略〉ぬっとはいりければ」
② 急に立ち上がるさまを表わす語。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉九「山嵐がぬっと立ちあがったから」
③ 尊大に構えているさまを表わす語。
歌舞伎・霧太郎天狗酒宴(1761)二幕「方々へが引ぱって有と思ふて、ぬっとさらすがむやくしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android