ぽつり(読み)ポツリ

デジタル大辞泉の解説

ぽつり

[副]
雨やしずくが一つ落ちるさま。ぽつん。「雨粒がぽつりと顔に当たる」
点や穴などが一つだけできるさま。ぽつん。「虫に刺されてぽつりと赤くなる」
それだけ孤立しているさま。ぽつん。「雲が一つぽつりと浮かんでいる」
一言だけつぶやくように言うさま。ぽつん。「ぽつりと感想をもらす」
物が途中で切れるさま。ぷつり。ぽつん。「ひもがぽつりと切れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽつり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
雨やしずくが落ちるさま。 「 -としずくが落ちて来た」
点や小さな穴のできるさま。 「 -と穴があく」
一つだけ離れてあるさま。 「 -と一人座っている」
言葉少なに話すさま。また、一言だけ物を言うさま。 「 -と一言つぶやいた」
糸やひもなどが途中で切れるさま。ぷつり。 「糸が-と切れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽつりの関連情報