コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねこだ流し ネコダナガシ

2件 の用語解説(ねこだ流しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねこだ‐ながし【ねこだ流し】

古く行われた金・銀などの選鉱方法。細かく砕いた鉱石を、板に張った晒木綿(さらしもめん)やねこだなどの上に流し、その目に残った金・銀の粒子を採取する。ねこ流し

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねこだながし【ねこだ流し】

一種の比重選鉱法。板の上に藁のむしろや太糸の木綿布をかけ、金銀鉱の鉱砂や砂金を含んだ砂などを水とともに流すと、比重の大きい金気の多い砂や砂金がむしろや布の目に残ることで選別する。佐渡金山などで行われた。ねこ流し。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone