ねこだ流し(読み)ネコダナガシ

大辞林 第三版の解説

一種の比重選鉱法。板の上に藁のむしろや太糸の木綿布をかけ、金銀鉱の鉱砂や砂金を含んだ砂などを水とともに流すと、比重の大きい金気の多い砂や砂金がむしろや布の目に残ることで選別する。佐渡金山などで行われた。ねこ流し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android