コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂錫 サスズ

デジタル大辞泉の解説

さ‐すず【砂×錫】

砂鉱床に産する錫石。錫石を含む鉱脈や岩石が風化され、流水や波の作用で運ばれるときに、重い錫石が集中して堆積(たいせき)したもの。の原料鉱石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さすず【砂錫】

花崗岩かこうがんや鉱脈から風化によって分離されたスズ石が、砂や礫れきとともに堆積したもの。スズの原料鉱石。マレー半島からバンカ島・ビリトン島にかけての地帯が世界最大の産地。流錫りゆうしやく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

砂錫の関連キーワードマレー半島水力採掘法ビリトン島漂砂鉱床バンカ島海洋開発猫流し太平洋花崗岩椀掛けスズ石流錫採鉱砂鉱砂鉄鉱山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android