ねずみ男(読み)ねずみおとこ(英語表記)Rattenmann

世界大百科事典 第2版の解説

ねずみおとこ【ねずみ男 Rattenmann】

S.フロイトによって,1909年《強迫神経症の一例に関する考察》と題して発表された論文で報告されている神経症者の別名。この症例は強迫神経症の精神病理の理解に重要な意義をもつ。患者は当時29歳の独身青年で,知人から肛門にネズミを食いこませる〈ねずみ刑〉の話を聞いて以来,愛する父親と恋人がこの刑を受けたら大変だという恐怖に圧倒され,その恐怖をふり払うために,お祓いのような動作を反復するようになって,フロイトの治療を受けるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のねずみ男の言及

【フロイト】より

少年ハンス)は児童精神分析のさきがけであり,《強迫神経症の一症例に関する考察》(1909。ねずみ男)と《ある幼児期神経症の病歴より》(1918。狼男)とはともに強迫状態に関する考察,《症例シュレーバー》(1911。…

※「ねずみ男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねずみ男の関連情報