コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねんざ(捻挫) ねんざDistorsion, Sprain

家庭医学館の解説

ねんざ【ねんざ(捻挫) Distorsion, Sprain】

[どんな病気か]
 関節が、本来動ける範囲を超えて曲げられたり、伸ばされたりしたとき、関節を支えている組織である靱帯(じんたい)や関節包(かんせつほう)などに損傷がおこった状態がねんざです。
 一度、脱臼(だっきゅう)(「脱臼」)して、関節がもどった状態ともいえます。
[症状]
 損傷がおこった部位が腫(は)れ、圧痛(あっつう)(軽く押しても痛む)があります。
 ときに内出血(ないしゅっけつ)がおこり、しばらくしてから、関節周辺の腫れた部分が紫色になることがあります。
 痛みは、ねんざしたときと同じ方向に関節を動かすと強まります。
[治療]
 患部をICE(アイス)(冷却、圧迫、挙上(きょじょう)(「打撲(打ち身)」))するとともに、関節を固定します。
 症状が強いときは、骨折や脱臼の可能性もありますから、早めに整形外科を受診して、鑑別してもらいましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ねんざ(捻挫)の関連キーワード打ち身

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android