コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のし梅

デジタル大辞泉プラスの解説

のし梅

茨城県水戸市の郷土菓子。梅肉ゼリーを竹皮ではさんだもの。偕楽園の梅に因む。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のし梅
のしうめ

寒天を溶かし、梅肉のエキスと砂糖を加えて練り、流し固めた菓子。山形市、茨城県水戸市、神奈川県小田原市、静岡県熱海(あたみ)市などの名物。歴史は山形市佐藤屋のものが古く、文政(ぶんせい)年間(1818~1830)に、初代松兵衛が熟した梅の実をすりつぶして裏漉(うらご)しにかけ、砂糖、寒天を混ぜて金玉かんのような菓子をこしらえ、梅かんと銘打って売り出した。しかし用いられた砂糖は黒糖であったから、だれも梅かんとはいわず、黒膏薬(こうやく)といって買いにきたという。白砂糖を使ってべっこう色ののし梅に変えたのは慶応(けいおう)年間(1865~1868)であった。各地方とも短冊(たんざく)型に切ったのし梅の甘酸っぱい風味はほぼ同じだが、小田原、湯河原(神奈川県)、熱海などには、のし梅を拍子木形に切り、ケシ粒を散らした製品もある。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

のし梅の関連キーワード日本のおもな郷土菓子梅しぐれ史生ウメ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android