コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偕楽園 かいらくえん

7件 の用語解説(偕楽園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偕楽園
かいらくえん

茨城県水戸市にある公園。旧称常磐公園。梅園(→ウメ)が有名で,金沢の兼六園,岡山の後楽園とともに日本三名園の一つに数えられる。面積約 11万500m2。天保12 (1841) 年,9代水戸藩主徳川斉昭 (烈公) が千波湖を望む景勝の地に造営。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいらく‐えん〔‐ヱン〕【偕楽園】

茨城県水戸市にある公園。天保13年(1842)水戸藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)が造園させた。梅の名所として知られる。金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一。常磐公園(ときわこうえん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

偕楽園【かいらくえん】

茨城県水戸市にある公園(史跡・名勝)。常磐(ときわ)公園ともいい,日本三名園の一つ。1842年水戸藩主徳川斉昭(なりあき)が〈士民と偕(とも)に楽しむ〉趣旨で造園,面積13万8000m2
→関連項目茨城[県]公園後楽園(岡山)水戸[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいらくえん【偕楽園】

茨城県水戸市常磐町にある公園。1842年(天保13)水戸藩主徳川斉昭が開設した。千波湖をのぞむ台地上に好文亭,奥御殿などを設け,約150種,1万株といわれる梅樹があった(現在は約60種3000株)。広場は練武に,好文亭は望楼に,梅園は飢饉と軍旅の用にあてることを意図している。また園内にある斉昭自筆の〈偕楽園記〉碑には,〈余暇に休養する場,また衆と偕(とも)に楽しむ場としてこの園を造る〉と述べられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいらくえん【偕楽園】

水戸市にある公園。水戸藩主徳川斉昭が1842年造営させたもの。日本三名園の一。観梅の名所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

かいらくえん【偕楽園】


⇒常磐公園(ときわこうえん)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偕楽園
かいらくえん

水戸市常磐(ときわ)町にある庭園。1665年(寛文5)水戸藩2代徳川光圀(みつくに)がこの地の緑丘御殿山の地に西湖(さいこ)を設け、高枕亭(こうちんてい)をつくったのに始まる。その後170年以上たった1841年(天保12)5月中旬に、9代斉昭(なりあき)が新しく経営に着手し、翌年7月に完成した。このときに好文亭(こうぶんてい)や楽寿楼(らくじゅろう)などが設けられ、現状のようになった。もともと平庭としての眺望を目的とした風景園であるから、外景も取り入れ、千波湖(せんばこ)を庭の泉水に擬し、長堤をつくって並木を植え、梅林や竹林、楓(ふう)樹林をあつらえ、さらに箕川(みかわ)を入れて新川を設け、これにヤナギ、カエデ、ヤマブキなどを植栽して自然景観を楽しんだ。民と「偕(とも)に楽しむ」の意で名づけられたこの庭園を、斉昭は庶民の遊園として開放し、公園の先駆け的思想を打ち出した。好文亭前の大刈込みや石組(いわぐみ)以外は、自然風景を主体とした意匠で、他の日本庭園とは大いにその性格を異にしている。常磐公園の名称で国の史跡・名勝に指定されている。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偕楽園の関連キーワード茨城県水戸市木葉下町茨城県水戸市上水戸茨城県水戸市小吹町茨城県水戸市三の丸茨城県水戸市塩崎町茨城県水戸市千波町茨城県水戸市常磐町茨城県水戸市見川茨城県水戸市緑町茨城県水戸市宮町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偕楽園の関連情報