道入(読み)どうにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道入
どうにゅう

[生]天正2(1574)
[没]明暦2(1656).2.28. 京都
江戸時代初期の陶工。楽家 (→楽焼 ) の3世。初め吉兵衛,のち吉左衛門,異称「ノンコウ」で知られる。本阿弥光悦の推称を受け,楽家第1の名工とされた。きめ細かな土を用い薄手に仕上げた。楽焼の秘伝とされる朱釉や,口縁部から胴にかけて玉虫色の釉 (うわぐすり) を垂らす幕釉などを創始し,ノンコウ7種ほか多くの名物茶碗を制作した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうにゅう〔ダウニフ〕【道入】

[1599~1656]江戸初期の陶工。京都の人。楽(らく)家の3代目。名は吉兵衛、のち吉左衛門。剃髪(ていはつ)後、道入と称した。俗称のんこう。楽焼に新生面を開き、屈指の名手といわれる。名物茶碗「のんこう七種」は有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうにゅう【道入】

1599‐1656(慶長4‐明暦2)
楽家3代とされる江戸初期の陶工。2代常慶の子。名は吉兵衛。通称の〈のんこう〉でよく知られ,長次郎,常慶らのいわゆる古楽の作行きから脱し,楽茶碗に新風を加えたことにより,楽家歴代中の名工とされている。作品は黒楽赤楽の茶碗を主に,香合焙烙(ほうろく)などもある。作行きはいったいに薄造りで,口造りや見込みなどにその特色がみられる。胎土は赤土と白土を用い,ことに赤楽は白土に黄土を塗って透明釉を掛ける新しい技法を生んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうにゅう【道入】

1599~1656) 江戸初期の陶工。本名吉兵衛。俗に「のんこう」と称した。楽家の三代目。作品の口縁から胴にかけて釉うわぐすりが厚くたれる幕釉を創始。黒楽茶碗を得意とし、のんこう七種といわれる名品を残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道入
どうにゅう
(1599―1656)

江戸初期の陶工で、京都楽焼(らくやき)の第3代。吉兵衛(きちべえ)、のち吉左衛門(きちざえもん)、剃髪(ていはつ)後は道入と称す。俗称「のんこう(のんかう)」。初代長次郎の没後、2代目は田中家の宗慶(そうけい)の子、吉左衛門常慶(じょうけい)(1635没)が継ぎ、3代目は常慶の長男の吉兵衛道入が継いだ。「のんこう」の名は、千宗旦(せんのそうたん)が伊勢(いせ)参宮の途次鈴鹿(すずか)の能古(のんこ)茶屋に休み、そのとき付近の竹で花器をつくって「ノンカウ」と銘して道入に贈ったところ、道入がその後いつも花をいけて楽しんだことに由来するといわれる。
 初代長次郎と2代常慶の作風が古格を重んじて半筒形茶碗(ちゃわん)に定形をつくりあげ、徹底して没個性の美を追求したのに対し、道入は一転して個性味豊かな作為をあからさまに求め、その達者な技巧で作為巧妙な茶碗をつくり新境地を開拓、楽家歴代中、屈指の名手といわれる。この背景には「綺麗(きれい)さび」を尊んだ時代の風潮と、天下の風流人本阿弥(ほんあみ)光悦との交流から得た個性美への傾斜があった可能性が濃い。その作行きは総体に薄造りで、胴はゆったりと張り、微妙に起伏する曲線が全体の基調となりながら、ところどころに鋭く篦(へら)を入れて緊張感を醸し出している。黒楽・赤楽とも釉(うわぐすり)は強い光沢をもち、白釉(はくゆう)と朱釉が表れて景色をつくる。明るいつややかな美を求める道入の造形精神は、光悦ほど個性に浸りきってはいないが、江戸初期の開放的な茶風をよく反映したものといえよう。高台(こうだい)はときに土見せで軽やかな趣(おもむき)に満ちており、「楽」の印が押される。代表作に、黒楽茶碗では銘「稲妻」「枡(ます)」「桔梗(ききょう)」、赤楽茶碗では「鵺(ぬえ)」「淡雪(あわゆき)」「巴(ともえ)」などがある。[矢部良明]
『林屋晴三編『日本陶磁全集 21 楽代々』(1976・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道入の関連情報