コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばね秤 ばねばかり spring balance

翻訳|spring balance

3件 の用語解説(ばね秤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ばね秤
ばねばかり
spring balance

秤の1種。つる巻ばねに物体をつるし,ばねの伸びが物体の重さに比例する (フックの法則 ) ことを利用して,伸びを測定して重量をはかる計器。秤量範囲は 100gから 100kg程度である。質量ではなく重量を測定するので,測定地点が違えば同一物体でも指示値が少し異なり,精度はよくない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ばね秤【ばねばかり】

ぜんまい秤とも。フックの法則を利用し,ばねの伸びから物体の重さを測る装置。物体を台や皿にのせる型とフックでつるす型がある。分銅やおもりを使わず指針で読みとれるので簡便だが,温度や重力の影響を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ばね秤
ばねばかり
spring scale

ばねを利用して質量を計る秤。品物に働く地球重力の加速度による力がばねの弾力とつり合い、ばねの伸びが荷重に比例する原理による。つる巻きばねの下端に指標をつけ、直線的に刻んだ質量目盛りで読み取る簡単な手秤から、ばねの伸びを機械的・光学的・電気的に拡大する秤まで各種があり、使用するばねも、板ばね、渦巻きばねなどがある。弾性ブロックにひずみゲージをつけ、荷重によるわずかなひずみを電気抵抗の変化として検出するものも、計量法ではばね秤に含めている。また、ばね秤の指示機構は、従来のてこ式秤の指示部として使われることも多く、自動体重計はその一例である。
 ばね秤のばねは、その弾性限界内で使用する必要がある。さらに、温度によって弾性が変化するので、温度補償装置をつけるか、温度によって弾性係数の変わらないばね(恒弾性ばね)が使用される。重力加速度の差も直接影響するので、計量法では、800分の1より細かい目盛りをもつばね秤には、使用する場所を表記することを義務づけている。つまり、つくる者がその使用地の重力加速度にあわせて調整する。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばね秤の関連キーワードコイルばね発条秤吊るし吊るし切り蔓巻発条担い発条渦巻発条吊るしんぼ渦巻ばねばねばかり(ばね秤)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone