無聊(読み)ブリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐りょう〔‐レウ〕【無×聊】

[名・形動]退屈なこと。心が楽しまないこと。気が晴れないこと。また、そのさま。むりょう。「無聊を慰める」「無聊な(の)日々」

む‐りょう〔‐レウ〕【無×聊】

[名・形動]ぶりょう(無聊)」に同じ。
「その日の―が償われたようにさえ思われた程であった」〈堀辰雄・美しい村〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶりょう【無聊】

たいくつなこと。 「 -を慰める」
わだかまりがあって、楽しまないこと。 「 -の事也とて、ひたすら避してうけざりけり/新花摘」
[派生] -さ ( 名 )
[句項目] 無聊を託つ

むりょう【無聊】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐りょう ‥レウ【無聊】

〘名〙 (形動)
① 心配事があって気が晴れないこと。また、そのさま。
※都氏文集(879頃)四・被灾百姓加賑救詔「庶使已飢之口有再飽之期、不存之魂銷無聊之恨」 〔李陵‐答蘇武書〕
② することがなく退屈であること。つれづれなこと。また、そのさま。
※活所遺稿(1666)二・放舟漫遊「昔読香山行路難、無聊世事等閑看」
※泣かん乎笑はん乎(1890)〈北村透谷〉「汝が無を消さん為めに撰挙あり」

む‐りょう ‥レウ【無聊】

〘名〙 (形動)
① 心楽しまないこと。また、そのさま。ぶりょう。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 何もすることがなく退屈なこと。また、そのさま。つれづれ。ぶりょう。〔新撰字解(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無聊の関連情報