無聊(読み)ぶりょう

精選版 日本国語大辞典「無聊」の解説

ぶ‐りょう ‥レウ【無聊】

〘名〙 (形動)
① 心配事があって気が晴れないこと。また、そのさま。
※都氏文集(879頃)四・被灾百姓加賑救詔「庶使已飢之口有再飽之期、不存之魂銷之恨」 〔李陵‐答蘇書〕
② することがなく退屈であること。つれづれなこと。また、そのさま。
※活所遺稿(1666)二・放舟漫遊「昔読香山行路難、無聊事等閑看」
※泣かん乎笑はん乎(1890)〈北村透谷〉「が無聊を消さん為めに撰挙あり」

む‐りょう ‥レウ【無聊】

〘名〙 (形動)
① 心楽しまないこと。また、そのさま。ぶりょう。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 何もすることがなく退屈なこと。また、そのさま。つれづれ。ぶりょう。〔新撰字解(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無聊」の解説

ぶ‐りょう〔‐レウ〕【無×聊】

[名・形動]退屈なこと。心が楽しまないこと。気が晴れないこと。また、そのさま。むりょう。「無聊を慰める」「無聊な(の)日々」
[類語]手明き用無し閑散開店休業徒然つれづれ徒然とぜん手持ち無沙汰退屈所在ない持て余す寂寥せきりょう寂寞せきばく寂しい

む‐りょう〔‐レウ〕【無×聊】

[名・形動]ぶりょう(無聊)」に同じ。
「その日の―が償われたようにさえ思われた程であった」〈堀辰雄・美しい村〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「無聊」の解説

【無聊】むりよう(れう)

淋しい。・李陵〔武に答ふる書〕子(し)と別れし後、復(ま)た無聊なり。~身は國恩に(そむ)き、世の悲しむと爲る。子は歸りて榮を受け、は留まりて辱めを受く。如何(いかん)せん。

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android