コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとり言 ひとりごとmonologue

翻訳|monologue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひとり言
ひとりごと
monologue

他人に対する意志伝達の意図なしに,あるいは他人の存在なしに,話し手1人で話されることば。独白,独語。統合失調症に特徴的にみられる。また子供の場合には,しばしば集団内で出現する (→集団内独語 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとりごと【ひとり言】[書名(連歌論書)]

室町中期の連歌論書。1冊。心敬著。応仁2年(1468)成立。連歌に関する著者の所感をつづる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとりごと【ひとり言】

連歌論書。一巻。心敬著。1468年関東下向中に成立。応仁の乱の都の荒廃、連歌界の状況、連歌風体論など、往時の回想と無常観を随筆風に述べる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひとり言の関連情報