コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとり言 ひとりごとmonologue

翻訳|monologue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひとり言
ひとりごと
monologue

他人に対する意志伝達の意図なしに,あるいは他人の存在なしに,話し手1人で話されることば独白,独語。統合失調症に特徴的にみられる。また子供の場合には,しばしば集団内で出現する (→集団内独語 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとりごと【ひとり言】[書名(連歌論書)]

室町中期の連歌論書。1冊。心敬著。応仁2年(1468)成立。連歌に関する著者所感をつづる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとりごと【ひとり言】

連歌論書。一巻。心敬著。1468年関東下向中に成立。応仁の乱の都の荒廃、連歌界の状況、連歌風体論など、往時の回想と無常観を随筆風に述べる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひとり言の関連キーワード星の王子さま永山たかしモノローグ身ぶり語中井貴惠須藤基樹再帰動詞須永千重斯かれど無常観廣田遥独り言荒廃回想一巻火鉢往時

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとり言の関連情報