所感(読み)しょかん

精選版 日本国語大辞典「所感」の解説

しょ‐かん【所感】

〘名〙
① 仏語。前世での行為が、その結果としてもたらすもの。
※覚海法橋法語(12C終‐13C前)「此業力所感の故に、業の尽不尽に依て生を改めて」
② 取得すること。現物を手に入れること。
※上井覚兼日記‐天正一二年(1584)四月二三日「此度御所感被成候所々、有馬殿へ悉皆被下候する事も」
③ 感じるところ。心に感じる思い。心に感じたこと。感想。〔教育・心理・論理術語詳解(1885)〕
※手巾(1916)〈芥川龍之介〉「今日の事件を材料にして、早速、所感を書いて送る事にしよう」 〔古列女伝‐母儀伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所感」の解説

しょ‐かん【所感】

事に触れて心に感じた事柄。感想。「所感を述べる」「年頭所感
仏語行為が結果としてもたらすもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android