コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひもとうがらし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ひもとうがらし[香辛料]

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に奈良市・天理市などで生産されている。長さ約10cm、直径約5mmと細長い形状で、辛味もあまりないのが特徴。果皮は濃緑色でやわらかい。伏見群に属する辛唐辛子と、ししとうとの雑種から選抜された種と推測される。基本的に自家消費用の野菜であるが、多収なこともあり、一般販売されることも多い。炒め物・煮物・天ぷらなどに有用。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android