消息文(読み)しょうそくぶん

精選版 日本国語大辞典「消息文」の解説

しょうそく‐ぶん セウソク‥【消息文】

〘名〙 書状に用いる文体、また、その文体で書いた文章手紙文。書翰文。消息状。しょうそこぶみ。
※日本教育史略(1877)文芸概略〈榊原芳野〉「倒読又直読一定せず、読難き消息文、下行文等是なり」

しょうそこ‐ぶみ セウソコ‥【消息文】

源氏(1001‐14頃)帚木「いと清げに、せうそこぶみにも、かんなといふものを書きまぜず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android