コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふいご祭 ふいごまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふいご祭
ふいごまつり

陰暦 11月8日に,ふいご(→たたら)を使用する鍛冶屋,鋳物師などの職人たちが行なう神事。たたら祭ともいう。鉱山や鍛冶職など金属関係の守護神とされる金屋子神または金山彦神・金山姫神をまつる例が多く,一日仕事を休み,仕事で使っているふいごを清めて注連縄を張り,神酒,赤飯を供える。神社の祭りとして行なうところもあり,金山彦命を祭神とする岐阜県垂井町南宮大社では,全国の鉱山・金属加工関係者が参集して金山祭(鞴祭〈ふいごまつり〉)が行なわれ,刀匠による鍛練式などがある。稲荷をまつることも多く,京都を中心として行なわれる御火焚はその一つ(→稲荷信仰)。『東都歳事記』によると,近世の江戸でも鍛冶屋,鋳物師,飾師などの家々で火焼(ほたけ)と呼んで稲荷をまつり,早朝に 2階の窓から道に向かってミカンを投げ,子供たちがきそって拾う行事があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ふいご祭の関連キーワード御火焚・御火焼仁蔵・二蔵香取秀真

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふいご祭の関連情報