コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へら絞り へらしぼり

世界大百科事典 第2版の解説

へらしぼり【へら絞り】

鍛金の技法。型と金属板とを回転させ,へら(篦)を使用して,金属板をしごきながら型に密着させて成形する技法。回転する機械は金工旋盤によく似ており,多く普通旋盤を改良して使用するが,これをスピニングレースという。製品は回転体に限られる。この技法は1907年ころより洗面器の生産に用いられ始め,33年以後深い容器の生産が可能となった。型には金型と木型があり,へらには黄銅,鋼が使用される。【香取 忠彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のへら絞りの言及

【板金プレス加工】より

…またカップ状にした後にそれにつばを付ける過程のフランジ成形flanging,カップを押し抜いて,より薄肉の深いカップに成形するしごき加工ironingなども板金プレス成形の一つである。板材またはあらかじめ張出しや深絞りでつくった容器を回転させながら,へらを押し付けてふくらませていく加工法はへら絞りまたはスピニングspinningと呼ばれている。 日用品として多用されている家庭電器の金属製の外殻,金属製の建具などはほとんど板金プレス加工により製造されるといえる。…

※「へら絞り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

へら絞りの関連キーワード絞り加工板金加工金属工芸ろくろ鍛金

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へら絞りの関連情報