コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほうと ホウト

デジタル大辞泉の解説

ほう‐と

[副]
ため息をつくさま。「ほうと大きく息をつく」
ほのかに明るくなったり、顔に赤みがさしたりするさま。
「―心が明るくなった」〈康成招魂祭一景
勢いよく物を投げたり、突いたりするさま。
「轅(ながえ)―うちおろすを」〈・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうと

( 副 )
ため息をつくさま。 「 -大きな息をついて肩を落とした」
物を勢いよく投げたり、突いたりするさま。ぽんと。とんと。 「轅ながえ-うちおろすを/枕草子 25

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ほうとの関連キーワード胚性幹細胞(ES細胞)打ち下ろす・打下ろす双子のパラドックスキャビテーションうだうだしいウミリンゴ子宮内膜症珊瑚海海戦落合博満鴻門の会真言止観泰山府君ドロップ松平康映唐来参和衵・袙水繁蔞虞美人スクイ水特法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほうとの関連情報