コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほどろ ホドロ

4件 の用語解説(ほどろの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほどろ[名]

ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビのこと。
「なほざりに焼き捨てし野の早蕨(さわらび)は折る人なくて―とやなる」〈山家集・上〉

ほどろ[形動]

[形動ナリ]雪などがはらはらと降るさま。また、うっすらと雪が積もるさま。はだら。
「我が背子を今か今かと出で見れば沫雪(あわゆき)降れり庭も―に」〈・二三二三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほどろ

ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビの異名。 「なほざりに焼き捨てし野の早蕨さわらびは折る人なくて-とやなる/山家

ほどろ

夜が明け始める頃。 「夜の-我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ/万葉集 754
ころ。時分。 「夜の-に参りて/宇津保 蔵開下

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone