コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほどろ ホドロ

デジタル大辞泉の解説

ほどろ[名]

ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビのこと。
「なほざりに焼き捨てし野の早蕨(さわらび)は折る人なくて―とやなる」〈山家集・上〉

ほどろ[形動]

[形動ナリ]雪などがはらはらと降るさま。また、うっすらと雪が積もるさま。はだら。
「我が背子を今か今かと出で見れば沫雪(あわゆき)降れり庭も―に」〈・二三二三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほどろ

ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビの異名。 「なほざりに焼き捨てし野の早蕨さわらびは折る人なくて-とやなる/山家

ほどろ

夜が明け始める頃。 「夜の-我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ/万葉集 754
ころ。時分。 「夜の-に参りて/宇津保 蔵開下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ほどろの関連キーワードほどろほどろプレボー万葉集度遍し来らく穂田斑斑刈敷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android