コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼうえんきょう座(望遠鏡座) ぼうえんきょうざTelescopium

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうえんきょうざ【ぼうえんきょう座(望遠鏡座) Telescopium】

略号はTel。初秋の地平線近くにひくく見える南天の小星座。日本では一部地平線下に隠れる。フランスの天文学者N.L.ラカイユが新設したもので,当時新しく発明された諸器械の名をつけた南天14星座の一つである。ラカイユの原図には長焦点の屈折望遠鏡が描かれている。輝星はない。概略位置は赤経19h0m,赤緯-52゜。午後8時の南中は9月上旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ぼうえんきょう座(望遠鏡座)の関連キーワード欧州図書館テルアビブ建設100周年アセザ館テトラエチル鉛テルチ城トルサット城テルダン自然保護区URLスキーム夢の如く北ホテル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android