コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼうえんきょう座(望遠鏡座) ぼうえんきょうざ Telescopium

1件 の用語解説(ぼうえんきょう座(望遠鏡座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうえんきょうざ【ぼうえんきょう座(望遠鏡座) Telescopium】

略号はTel。初秋の地平線近くにひくく見える南天の小星座。日本では一部地平線下に隠れる。フランス天文学者N.L.ラカイユが新設したもので,当時新しく発明された諸器械の名をつけた南天14星座の一つである。ラカイユの原図には長焦点の屈折望遠鏡が描かれている。輝星はない。概略位置は赤経19h0m,赤緯-52゜。午後8時の南中は9月上旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ぼうえんきょう座(望遠鏡座)の関連キーワード地平線ホリゾンブルー狼座彫刻具座鶴座時計座艫座鳳凰座アケルナルハダル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone