コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカイユ ラカイユ Lacaille, Nicolas Louis de

4件 の用語解説(ラカイユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラカイユ
ラカイユ
Lacaille, Nicolas Louis de

[生]1713.5.15. リュミニー
[没]1762.3.21. パリ
フランス天文学者。初め神学を学んだが,天文学や数学に興味をもつようになり,パリ天文台助手を経てマザラン大学教授 (1739) 。科学アカデミー会員 (41) 。ケープタウンへ遠征 (50~54) ,南天の1万個以上の恒星位置の決定とともに,月,金星,火星の精密観測を行い,これらの地球からの距離決定に重大な貢献をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラカイユ

フランスの天文学者。1750年―1754年南アフリカの喜望峰で子午線の長さ,月の視差の測定に従事。南天の恒星の観測も行い,星座13個を新設,またアルゴ座を4分割し,南天の星表を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラカイユ【Nicolas Louis de Lacaille】

1713‐62
フランスの天文学者。若くしてナント,パリなどで神学を学び,司祭となる。ほとんど独学で数学と天文学を学び,パリの天文台のJ.カッシニの知遇を得てそこに寄寓,天体の観測を始める。また測地学が重要な学問上の話題であった当時,測地学の研究にも手を染めた。1740年正確な測量を続けた結果,地球の形状についての有名なデカルト流とニュートン流の仮説間の論争(地軸に対する変形をデカルトは縦長,ニュートンは扁平として考えた)に関して,ニュートンに与する解答を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラカイユ
らかいゆ
Nicolas Louis de Lacaille
(1713―1762)

フランスの天文学者。南天の星座の創設者。軍人を父としてルミニュに生まれ、パリに出て哲学や神学を学んだが、天文学に興味をもち、カッシーニの紹介でパリ天文台に就職。1737年に最初の天体観測を行う。当時カッシーニの下で地球の形状の確定事業に参画し、1740年厳冬、西フランスの子午線弧長を精密測量して事業に貢献した。測量資料の分析がアカデミーに認められ、1751~1753年南アフリカ遠征隊を指揮して喜望峰において南天の掃天観測を行い、1万個の恒星を含む『南天星図』を作成した。南天の14個の新星座はこのときに制定された。またこのときベルリンにいたラランドとの比較観測により、月・金星・火星の地心視差を測定した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラカイユの言及

【アルゴ座】より

…現在では,この名は使われない。この星座はたいへん大きく広いので,1752年N.L.ラカイユは,これをりゅうこつ(竜骨),とも(艫),ほ(帆),らしんばん(羅針盤)の4星座に分割した。アルゴナウタイ伝説【石田 五郎】。…

【ちょうこくぐ座(彫刻具座)】より

…冬空のオリオン座の南西の地平線近くに見える南天の小星座。18世紀にフランスの天文学者N.ラカイユが新設した。caelumは彫刻につかうのみ,たがねを意味するラテン語。…

【ちょうこくしつ座(彫刻室座)】より

…秋空の南の地平線近くに見える南天の小星座。18世紀のフランスの天文学者N.ラカイユが新設した。輝星はない。…

【とけい座(時計座)】より

…冬空の南の地平線近くに見える小星座で,エリダヌス座の南にある。18世紀フランスの天文学者N.L.ラカイユが新設した南天星座で,C.ホイヘンスが発明した振子時計にちなんでこの名まえが採用されたが,輝星はない。概略位置は赤経3h20m,赤緯-52゜。…

※「ラカイユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラカイユの関連キーワードメンテナンスアラゴエンケ彗星セルシウスラランドがれキーテナントフランスソワールカッシニ家ちょうこくしつ座(彫刻室座)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone