コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まくなぎ マクナギ

デジタル大辞泉の解説

ま‐くなぎ

《古くは「まぐなき」とも》
小さな羽虫。ヌカカの類。また、ユスリカガガンボダマシの類。 夏》「―の阿鼻叫喚をふりかぶる/三鬼
まばたき。目くばせ。
「―つくらせて(=タダ目クバセダケデ)さし置かせけり」〈・明石〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まくなぎ

〔「まぐなき」とも。「ま」は目の意〕 小さい羽虫で、ヌカカの一種。めまとい。 [季] 夏。 「山を行き、-はらはむ/日本書紀 允恭訓
まばたきすること。めくばせすること。 「 -つくらせてさし置かせけり/源氏 明石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のまくなぎの言及

【メマトイ(眼纏)】より

…成虫は牧場でウシ,ウマなどに飛来するほか,人体にも好んで集まり,汗や体液をなめる。古語の〈まくなぎ〉は,まばたきの意で,漢字では蠛蠓と書く。小型のユスリカやガガンボダマシ類などの双翅類昆虫が群飛する様をいい,これが飛散する際にまばたきすることからこのことばが生まれた。…

※「まくなぎ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

まくなぎの関連キーワード源氏糠蚊

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android