コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺蚊 ユスリカ

デジタル大辞泉の解説

ゆすり‐か【揺蚊】

双翅(そうし)目ユスリカ科の昆虫の総称。に似るが吸血しない。体長約5ミリ。夕方群れ飛び、蚊柱をつくる。幼虫はアカムシアカボウフラといい、釣りの餌にする。セスジユスリカ・アカムシユスリカなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆすりか【揺蚊】

ハエ目ユスリカ科の昆虫の総称。世界各地に2000種以上が知られる。体長5ミリメートル 前後の種が多い。カによく似るが口吻こうふんが発達せず、吸血しない。夕方群れをなして飛び、蚊柱をつくる。幼虫はアカムシ・アカボウフラと呼ばれ、観賞魚や釣りの餌えさにする。アカムシユスリカ・セスジユスリカなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

揺蚊 (ユスリカ)

動物。ユスリカ科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

揺蚊の関連キーワード観賞魚動物口吻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android