みかじめ料(読み)みかじめりょう

大辞林 第三版の解説

みかじめりょう【みかじめ料】

暴力団が飲食店などから取る用心棒代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

みかじめ料

暴力団が組織の縄張り内で営業する飲食店などから、用心棒代などの名目で要求する金品のこと。元手がほとんどいらず安定的に徴収できるため、暴力団の重要な資金源の一つとされるが、暴力団対策法などで禁止されている。また暴力団排除条例は市民がみかじめ料を払う行為も禁じており、双方の違反者に対し、公安委員会は違法行為をやめるよう勧告することもある。

(2017-06-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みかじめ料の関連情報