コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めんぱ メンパ

大辞林 第三版の解説

めんぱ

木製の曲げものの弁当箱。破り子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

めんぱ[木工]

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
西臼杵郡日之影町で製作されている。めんぱとは、木製曲げ物の弁当箱。わっぱ・めっぱ・めんぱなど地方によってさまざまな呼び名があるが、宮崎県ではめんぱと呼ぶのが一般的。主に檜・杉・合歓の木を材料として使用し、薄く削った材料を熱湯でやわらかくして形を整え、細かく裂いた桜皮で縫い合わせ、底板をはめこむ。保湿力・吸湿性に優れており、米が炊きたてのように美味しく食べられる。宮崎県伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内のめんぱの言及

【弁当】より

…屋外で食事をとる必要から携行する食物のこと。農・山・漁村や都市の諸技能者の間では,屋外の労働を目的としたとき,家に帰って食事をとれない場合に携行したが,その形態は地域ごとの食生活に応じて一様ではなかった。米飯,粟飯,稗飯,芋などが中心で,それによって容器も異なり,畑作地帯では稗や粟の飯を入れる網袋状の苞(つと)が多い。そのほか藺(い)やわらなどで編んだ苞のほか,柳や竹の皮で編んだ行李(こうり),杉や桜をへいで曲げたワッパ,メンパの類があった。…

【破子(破籠)】より

…食物を入れて持ち運ぶ容器。《和名抄》によると餉笥(かれいけ),つまり食物を入れる曲物(まげもの)の器で,内部に仕切りのあるものとされている。おおむねヒノキの薄板で造り,ふたつきのものだったようである。《宇津保物語》に〈檜破子(ひわりご)五十,ただの破子五十荷〉とあるように,ふつうの破子のほかに檜破子と呼ぶものがあった。破子そのものがヒノキを材料としたことを考えると,この両者がどう違っていたのか理解しにくいが,《賀陽院水閣歌合(かやのいんすいかくうたあわせ)》(1035)には,その際に用いられた檜破子が,紫檀(したん)の地に螺鈿(らでん)を施した足をつけてあったと注記している。…

※「めんぱ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

めんぱの関連キーワード破り子・破り籠・樏・破り篭安積疎水大庭御厨面晴れ輪っぱ面桶破子天狗

めんぱの関連情報