合歓(読み)ゴウカン

デジタル大辞泉の解説

ごう‐かん〔ガフクワン〕【合歓】

[名](スル)
ともに喜び楽しむこと。
男女が共寝すること。同衾(どうきん)。
合歓木」の略。

ねぶ【合歓】

ネムノキの別名。
「昼は咲き夜は恋ひ寝(ぬ)る―の花君のみ見めや戯奴(わけ)さへに見よ」〈・一四六一〉

ねむ【合歓】

ネムノキの別名。 花=夏 実=秋》「雨の日やまだきにくれて―の花/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうかん【合歓】

( 名 ) スル
喜びをともにすること。
男女が共寝すること。
「合歓木ごうかんぼく」の略。

ねぶ【合歓】

ネムノキの別名。 「我妹子わぎもこが形見の-は花のみに咲きてけだしく実にならじかも/万葉集 1463

ねむ【合歓】

ネムノキの別名。 「 -の花」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

合歓 (ネムノキ・ネブ;コウカ;ゴウカン)

学名:Albizzia julibrissin
植物。マメ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合歓の関連情報