合歓(読み)ゴウカン

  • ごうか ガフクヮ
  • ごうかん ガフクヮン
  • ごうかん〔ガフクワン〕
  • ねぶ
  • ねむ
  • コウカ
  • ゴウカン)
  • 合=歓
  • 合歓 (ネムノキ・ネブ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ともに喜び楽しむこと。
男女が共寝すること。同衾(どうきん)。
合歓木」の
ネムノキの別名。
「昼は咲き夜は恋ひ寝(ぬ)る―の花君のみ見めや戯奴(わけ)さへに見よ」〈・一四六一〉
ネムノキの別名。 花=夏 実=秋》「雨の日やまだきにくれて―の花/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
喜びをともにすること。
男女が共寝すること。
「合歓木ごうかんぼく」の略。
ネムノキの別名。 我妹子わぎもこが形見の-は花のみに咲きてけだしく実にならじかも/万葉集 1463
ネムノキの別名。 -の花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Albizzia julibrissin
植物。マメ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「こうか」とも) =ねむのき(合歓木)
※古今六帖(976‐987頃)六「わぎもこが形見のかうか花にのみ咲きてけたしもみにならぬかも」
〘名〙
① (━する) よろこびを共にすること。いっしょに喜ぶこと。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「人民称聖、恒謂千秋万歳、合歓相保」 〔礼記‐楽記〕
② (━する) とくに、男女がよろこびを共にすること。
※本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉「合歓在躬。何失錦葉之独貴
※玉塵抄(1563)三七「夜宿には美人と合歓してなぐさみ」 〔古詩十九首‐其一八〕
※文華秀麗集(818)中・艷情〈菅原清公〉「合歓寂院寧蠲忿。萱草閑堂反召悲」
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)六月「合歓さくや七ツ下りの茶菓子売」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android