コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もうあそび モウアソビ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もうあそび
もうあそび / 毛遊び

琉球(りゅうきゅう)諸島で、若い男女が夜、野外に集まって、歌や踊りを楽しむ風習。方言ではモーアシビーという。モーは芝の生えているような野原のこと。村から離れたモーのほか、村の辻(つじ)の広場で行う地方もあった。これをアジマー(辻)遊びという。夜遊(よあそ)びなどと称して、村の若い男女が夜、集まって交遊する習俗は日本各地にあったが、歌や踊りを演ずることを介しているところに特色がある。だいたい15歳ぐらいから結婚するまで参加した。この年齢になると、自分の家の小屋の棚や、若者宿や娘宿に寝泊まりするようになり、夜も親の管理は受けない。朝の仕事にまにあえばよかった。金武(きん)村(現金武町)から小舟を漕(こ)ぎ、平安座(へんざ)島まで、もうあそびに通ったという話もある。若者にとっては配偶者を選ぶたいせつな機会であった。もうあそびは、ほとんど毎日行われ、歌や踊り、あるいは三味線などの楽器を練習する絶好の機会で、琉球諸島の村で芸能が発達した原動力であった。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

もうあそびの関連キーワード小島三線

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android