コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もうあそび モウアソビ

2件 の用語解説(もうあそびの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もう‐あそび

《「もう」は野原の意》沖縄諸島で、青年男女が夜なべ仕事を終えてから野外に集まり、三線(さんしん)小太鼓に合わせて歌い踊る風習。もうあしび。
[補説]「毛遊び」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もうあそび
もうあそび / 毛遊び

琉球(りゅうきゅう)諸島で、若い男女が夜、野外に集まって、歌や踊りを楽しむ風習。方言ではモーアシビーという。モーは芝の生えているような野原のこと。村から離れたモーのほか、村の辻(つじ)の広場で行う地方もあった。これをアジマー(辻)遊びという。夜遊(よあそ)びなどと称して、村の若い男女が夜、集まって交遊する習俗は日本各地にあったが、歌や踊りを演ずることを介しているところに特色がある。だいたい15歳ぐらいから結婚するまで参加した。この年齢になると、自分の家の小屋の棚や、若者宿や娘宿に寝泊まりするようになり、夜も親の管理は受けない。朝の仕事にまにあえばよかった。金武(きん)村(現金武町)から小舟を漕(こ)ぎ、平安座(へんざ)島まで、もうあそびに通ったという話もある。若者にとっては配偶者を選ぶたいせつな機会であった。もうあそびは、ほとんど毎日行われ、歌や踊り、あるいは三味線などの楽器を練習する絶好の機会で、琉球諸島の村で芸能が発達した原動力であった。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうあそびの関連キーワード沖縄諸島久米島宮古諸島毛遊び大東島野色かちゃあしい原中沖縄県宮古島市上野野原沖縄県国頭郡本部町野原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

もうあそびの関連情報