コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もて付く モテツク

デジタル大辞泉の解説

もて‐つ・く【もて付く】

[動カ下二]
身に備える。
「わが―・けたるをつつみなく言ひたるは」〈・一九五〉
気にかけてとりつくろう。装う。
「装束、有様よりはじめて、目やすく―・けて」〈・初音〉
欠けているところを心にかけて身につける。
「君も少したをやぎ給へる気色、―・け給へり」〈末摘花
相手にする。
「かつてちかづきならぬよしを家来にいはせて―・けぬしわざ」〈浮・国花諸士鑑・二二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もてつく【もて付く】

( 動下二 )
身につける。備える。 「我が-・けたるを、つつみなく言ひたるは/枕草子 195
とりつくろう。 「ひとざまけはひ-・けぬるは、口惜しうやはある/堤中納言 虫めづる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

もて付くの関連キーワード枕草子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android