もて付く(読み)モテツク

デジタル大辞泉の解説

もて‐つ・く【もて付く】

[動カ下二]
身に備える。
「わが―・けたるをつつみなく言ひたるは」〈・一九五〉
気にかけてとりつくろう。装う。
「装束、有様よりはじめて、目やすく―・けて」〈・初音〉
欠けているところを心にかけて身につける。
「君も少したをやぎ給へる気色、―・け給へり」〈・末摘花〉
相手にする。
「かつてちかづきならぬよしを家来にいはせて―・けぬしわざ」〈浮・国花諸士鑑・二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もてつく【もて付く】

下二
身につける。備える。 我が-・けたるを、つつみなく言ひたるは/枕草子 195
とりつくろう。 ひとざまけはひ-・けぬるは、口惜しうやはある/堤中納言 虫めづる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android