コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もて付く モテツク

デジタル大辞泉の解説

もて‐つ・く【もて付く】

[動カ下二]
身に備える。
「わが―・けたるをつつみなく言ひたるは」〈・一九五〉
気にかけてとりつくろう。装う。
「装束、有様よりはじめて、目やすく―・けて」〈・初音〉
欠けているところを心にかけて身につける。
「君も少したをやぎ給へる気色、―・け給へり」〈末摘花
相手にする。
「かつてちかづきならぬよしを家来にいはせて―・けぬしわざ」〈浮・国花諸士鑑・二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もてつく【もて付く】

( 動下二 )
身につける。備える。 「我が-・けたるを、つつみなく言ひたるは/枕草子 195
とりつくろう。 「ひとざまけはひ-・けぬるは、口惜しうやはある/堤中納言 虫めづる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

もて付くの関連キーワード枕草子

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android