コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もとな モトナ

デジタル大辞泉の解説

もと‐な

[副]《「もと」は根本の意。「な」は形容詞「無し」の語幹》
わけもなく。みだりに。
「なにしかも―とぶらふ」〈・二三〇〉
しきりに。むやみに。
「いづくより来りしものそ目交(まなか)ひに―かかりて安眠(やすい)しなさぬ」〈・八〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もとな

( 副 )
〔根元・根拠の意の「もと」に「無し」の意の「な」が付いたもの〕
理由なく。根拠なく。 「なにしかも-とぶらふ/万葉集 230
無性に。やたらに。しきりに。 「まなかひに-かかりて安眠し寝さぬ/万葉集 802

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

もとなの関連キーワード尾張国郡司百姓等解文尾張国郡司百姓等解目交い・眼間細川政元田中佳政町尻量基玉かぎる射干玉の名和顕興吉川広家細川高国細川晴元浦上村宗下間頼秀心許ない安藤野雁七卿落ち壬生基義姉子女王三好長基

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もとなの関連情報