コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆうでく ユウデク

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐でく

《「ゆう」は「遊」かともいう。「でく」は土偶の意》田舎者。近世中期、江戸深川の遊里の通言
「金なきものは―頓直(とんちき)となる」〈黄・栄花夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうでく

〔近世、深川の遊里語。「遊木偶」の意ともいう〕
田舎者をののしっていう語。 「ひやうたくれ、-の揃ひだ/洒落本・辰巳之園」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゆうでくの関連キーワードとんちき洒落本遊里語

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android