ゆうでく(読み)ユウデク

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐でく

《「ゆう」は「遊」かともいう。「でく」は土偶の意》田舎者。近世中期、江戸深川の遊里の通言。
「金なきものは―頓直(とんちき)となる」〈黄・栄花夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうでく

近世、深川の遊里語。遊木偶の意ともいう
田舎者をののしっていう語。 ひやうたくれ、-の揃ひだ/洒落本・辰巳之園

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐でく

〘名〙 (「ゆう」は「遊(イウ)」か。「でく」は人形、土偶の意) 田舎者。江戸時代、明和・安永(一七六四‐八一)の頃、江戸深川の遊里で田舎者を軽蔑し、ののしっていう語。
※洒落本・辰巳之園(1770)「『新道の二文字やにも、三四年居やしたが、あのやうな若衆買は、見やせん』『ひゃうたくれ、ゆふでくの揃ひだ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android