田舎者(読み)イナカモノ

デジタル大辞泉の解説

いなか‐もの〔ゐなか‐〕【田舎者】

田舎の人。田舎育ちの人。
不作法な人、やぼな人をののしっていう語。また、みずからをへりくだっていう語。
[補説]作品名別項。→いなか者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなかもの【田舎者】

田舎の人。田舎育ちの人。
礼儀作法を知らず、やぼで気の利かない人をののしっていう語。また、自分をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いなか‐もの ゐなか‥【田舎者】

〘名〙
① 田舎の人。田舎育ちの人。田舎から出てきた人。いなかびと。いなかうど。田夫。いなかもん。
※十訓抄(1252)一〇「此の解状は田舎ものの草にあらず」
② 粗野で教養のない人をあざけっていう。田夫野人。または、自分自身をへりくだっていう語。いなかもん。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「田舎者(イナカモノ)でござい、冷物でござい〈略〉或はお静かに、お寛(ゆる)りなどいふたぐひ、則礼なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の田舎者の言及

【江戸っ子】より

…そのため江戸には,田舎生れが大勢生活するようになった。しかもこれら〈田舎者〉が,江戸者ぶりをひけらかすことに対して,江戸生れどうしの強烈な〈みうち〉意識が芽生え,やがてこの面からも江戸っ子意識の成立が促されたといえよう。1787年の洒落本《通言総籬(つうげんそうまがき)》に,〈金の魚虎(しやちほこ)をにらんで,水道の水を産湯に浴て,御膝元に生れ出ては,拝搗(おがみづき)の米を喰て,乳母日傘にて長(ひととなり)(中略),本町の角屋敷をなげて大門を打は,人の心の花にぞありける。…

※「田舎者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田舎者の関連情報