コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆかた

浴衣とも書く。男女の用いる湯上がりのくつろぎ着。元来は湯帷子 (ゆかたびら) といって,麻のきものであった。一般に用いられるようになったのは盆踊りが盛んとなった室町時代末期からで,当時は盆帷子ともいった。江戸時代に入って木綿が普及するにつれ,帷子に代って木綿物が多くなり,さらに越後縮,明石縮なども用いられ,柄も最初の大胆な大柄から中型に変っていった。また,洗濯のきくところから,明治に入ると湯上がり着としてばかりでなく,夏季に日常着としても用いられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゆかたの関連キーワード飛び上がり・飛び上り浴衣染め・浴衣染草加本染ゆかた湯取り・淦取りゆかた(浴衣)埼玉県八潮市てんつるてん文庫(服装)着せ掛ける中形・中型松原 八光菊五郎格子仕立て上り文庫結び菖蒲浴衣浴衣掛け長板中型くたっと有松絞御揃い

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゆかたの関連情報