コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆかた

浴衣とも書く。男女の用いる湯上がりのくつろぎ着。元来は湯帷子 (ゆかたびら) といって,麻のきものであった。一般に用いられるようになったのは盆踊りが盛んとなった室町時代末期からで,当時は盆帷子ともいった。江戸時代に入って木綿が普及するにつれ,帷子に代って木綿物が多くなり,さらに越後縮,明石縮なども用いられ,柄も最初の大胆な大柄から中型に変っていった。また,洗濯のきくところから,明治に入ると湯上がり着としてばかりでなく,夏季に日常着としても用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゆかたの関連キーワード浴衣染め・浴衣染湯取り・淦取り草加本染ゆかたゆかた(浴衣)埼玉県八潮市文庫(服装)てんつるてん仕立て上り松原 八光小野島由惟着せ掛ける長板中型文庫結びくたっと浴衣掛け菖蒲浴衣石川聖子有松絞へばる貝の口

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゆかたの関連情報