コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後縮 えちごちぢみ

5件 の用語解説(越後縮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後縮
えちごちぢみ

「小千谷縮 (おぢやちぢみ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えちご‐ちぢみ〔ヱチゴ‐〕【越後縮】

越後小千谷(おぢや)地方で産出される、横糸によりをかけて縮織りにした麻織物。小千谷縮。越後布。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

越後縮【えちごちぢみ】

越後国小千谷(おぢや)地方で織られる麻織物。小千谷縮とも。当地では古来から青苧(あおそ)と呼ばれる苧麻(ちょま)の一種を原料としてつくった糸を躄機(いざりばた)で織った越後上布(じょうふ)が知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

えちごちぢみ【越後縮】

新潟県小千谷おぢやを中心に織られる上質の麻の縮織物。撚りの強いよこ糸を用いて布地全体に皺しぼを出す。小千谷縮。越後布。越後布縮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後縮
えちごちぢみ

越後国魚沼郡一帯で織られていた皺(しぼ)のある先染めの高級麻織物。この地方の麻織物は越後布(えちごふ)の名で古くから知られてきたが、江戸前期、寛文(1661~1673)の頃小千谷(おぢや)近郊に移住した明石の浪人堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)が平織の麻布の緯糸(よこいと)に強い撚(よ)りをかけて縮の製織に成功と伝える。貨幣・商品経済発展による需要の高まりを背景に、米沢や会津から良質の青苧(あおそ)を移入して元禄年間(1688~1704)急激に生産を伸ばした。縮は夏の高級衣料として、天明年間(1781~1789)には年産20万反に達したといわれ、全国的に普及した。小千谷、十日町(とおかまち)、堀之内(ほりのうち)の縮3市場は全国各地からの商人で賑わい、また縮行商人が江戸に出向いたり、縮問屋が江戸や京都に販売拠点を持つなど流通ルートも広がった。天保改革の奢侈禁止令などで一時打撃を受けたが、幕末までほぼ10万反前後の生産を維持した。青苧商人から買い入れた青苧は、苧績(おう)みののち、居坐機(いざりばた)にかけて織る。賃機制度は見られず縮織りは農村家内工業の範疇を出なかった。伝統の技術は小千谷縮と皺のない越後上布(じょうふ)に受け継がれ、国指定重要無形文化財・ユネスコ世界無形文化遺産。[杉本耕一]
『『小千谷市史 上巻』(1969・小千谷市) ▽『十日町市史 通史編2』(1995・十日町市) ▽杉本耕一著「越後縮の生産と地域社会」(小林昌二監修、原直史・大橋康二編『日本海域歴史大系 第5巻 近世篇2』所収・2006・清文堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の越後縮の言及

【小千谷縮】より

…新潟県小千谷地方で織られる苧麻(ちよま)の縮地で,その技術は重要無形文化財に指定。また,伝統的工芸品の指定をも受け越後上布に次ぐ精品であり,越後縮ともいう。1670年(寛文10)播州明石の浪人,明石次郎こと堀将俊が当地で越後布を改良,縮地を創案したのが始まりで元禄年間(1688‐1704)に将軍家の御用縮に指定,武士の式服に制定。…

【塩沢[町]】より

…中心の塩沢は近世三国街道の宿場町として栄え,上十日町は上田船道の遡航終点であった。水が豊かで雪さらしもできることから越後縮,越後上布などの麻織物の産地として知られ,近年は塩沢紬(つむぎ),塩沢御召(おめし)など絹織物を生産している。町域の約4割を占める水田では魚沼産コシヒカリなどの優良米が生産される。…

【縮】より

…麻縮は慶長(1596‐1615)のころから夏物衣料として使われ,江戸中期には各地で織られ,縞,絣等があった。麻の小千谷縮はもと越後縮ともいい,1670年(寛文10)ころ,明石藩の浪士によって織り出された。綿縮は明和(1764‐72)から天明(1781‐89)のころ,千葉の漁師たちの間で川越縞を模して波崎縞が織られていたが,強撚糸使いの縮が創製され,のち銚子縮として広まったのが始まり。…

※「越後縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越後縮の関連キーワード新潟県新潟市南区味方新潟県新潟市西蒲区石瀬新潟県新潟市秋葉区金津新潟県新潟市北区嘉山新潟県新潟市北区木崎新潟県新潟市西区木場新潟県新潟市中央区鐘木新潟県新潟市中央区万代島新潟県新潟市中央区緑町新潟県新潟市西区山田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone