よりして

精選版 日本国語大辞典「よりして」の解説

より‐して

(格助詞の「より」と「して」とが重なったもの。「して」は「より」の働きを確認するために添えられたもの) (そもそも)…から。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)四「座従(ヨ)りして起ち」
※更級日記(1059頃)「東の山ぎはは、比叡の山よりして、稲荷などいふ山まであらはに見えわたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よりして」の解説

より‐して

[連語]《格助詞「より」+副助詞「して」》動作・作用の空間的、時間的起点を表す。…から。「前方よりして突進してくる」「日没ごろよりして降り始める」→からして

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android