コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らしゃめん

1件 の用語解説(らしゃめんの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らしゃめん

西洋人のめかけ(妾)になった日本女性をののしった呼称。〈洋妾〉と書くことが多い。らしゃめんは〈羅紗綿(緬)〉で,もともとはメンヨウ(綿羊)を意味することばだった。幕末期からそれが前記のように使われるようになったのは,西洋人の生活風習に対する一般日本人の誤解によるものである。喜田川守貞は《守貞漫稿》の中で,その間の事情を次のように説いている。彼は〈武州横浜ニテ西洋人ノ妾トナル女ヲ異名シテ“ラシヤメン”ト云〉としたあと,〈洋人犬ヲ堂ニ上シ,又己カ閨房中ニモ臥シム,国人誤テ洋夷ハ犬及ヒ綿羊ヲ犯スト思ヒ,其犬羊ト同ク処女ノ夷妾トナルヲ卑メ,雑夫仮名ヲ付テ羅紗メント云初シ〉もので,それが通称のようになったものであるとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone