コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜田川守貞 キタガワモリサダ

デジタル大辞泉の解説

きたがわ‐もりさだ〔きたがは‐〕【喜田川守貞】

[1810~?]江戸後期の風俗史家。大坂の人。本姓石原上方・江戸の風俗習慣を記録した「守貞漫稿」は、明治になって「類聚(るいじゅう)近世風俗志」として刊行された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

喜田川守貞【きたがわもりさだ】

守貞漫稿

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜田川守貞 きたがわ-もりさだ

1810-? 江戸時代後期の風俗史家。
文化7年6月生まれ。大坂の人。江戸深川の砂糖商北川家をつぐ。天保(てんぽう)8年から嘉永(かえい)6年にかけての江戸の風俗,民間雑事を筆録し,上方と比較して考証,「守貞漫稿」にまとめた。この書は明治41年「類聚近世風俗志」として刊行されている。本姓は石原。別姓に尾張部。通称は喜蔵,庄兵衛。号は季荘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

喜田川守貞

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文化7.6(1810)
江戸後期の風俗史家。本姓石原,名は庄兵衛,別に尾張部守貞と称し,季荘,舎山,月光庵と号した。喜田川は北川の代字かという。大坂に生まれ,商売で江戸に往来したようで,天保8(1837)年には江戸深川に仮寓したと思われる。11年9月以降は江戸に定住して砂糖を商う北川家を嗣ぎ,京,大坂,江戸3都の人情風俗を比較しながら記録する『守貞漫稿』を起筆した。これがのちに35巻の稿本として完成するが,その記述は嘉永6(1853)年にまでおよぶ大部なもので,明治41(1908)年『類聚近世風俗志』として刊行されている。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜田川守貞
きたがわもりさだ
(1810―?)

江戸後期の風俗史家。大坂生まれで本姓は石原氏。のちに喜田川氏を嗣(つ)ぎ、別に尾張部(おわりべ)守貞とも称した。1840年(天保11)江戸に移り深川に住む。彼の生涯については著作の『守貞漫稿』の自序によるほかはなく、没年は不明。『守貞漫稿』は、京坂や江戸の風俗、民間の雑事を見聞によって収集・分類した貴重な資料である。この書は1908年(明治41)に『類聚(るいじゅう)近世風俗志』と題して刊行された。[山内まみ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

喜田川守貞の関連キーワード守貞謾(漫)稿喜田川季荘らしゃめんうなぎ屋茶屋染めぽっくり遊び下着草履丹前没年頭巾

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android