コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜田川守貞 キタガワモリサダ

5件 の用語解説(喜田川守貞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたがわ‐もりさだ〔きたがは‐〕【喜田川守貞】

[1810~?]江戸後期の風俗史家。大坂の人。本姓、石原。上方・江戸の風俗習慣を記録した「守貞漫稿」は、明治になって「類聚(るいじゅう)近世風俗志」として刊行された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喜田川守貞【きたがわもりさだ】

守貞漫稿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜田川守貞 きたがわ-もりさだ

1810-? 江戸時代後期の風俗史家。
文化7年6月生まれ。大坂の人。江戸深川の砂糖商北川家をつぐ。天保(てんぽう)8年から嘉永(かえい)6年にかけての江戸の風俗,民間雑事を筆録し,上方と比較して考証,「守貞漫稿」にまとめた。この書は明治41年「類聚近世風俗志」として刊行されている。本姓は石原。別姓に尾張部。通称は喜蔵,庄兵衛。号は季荘。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

喜田川守貞

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文化7.6(1810)
江戸後期の風俗史家。本姓石原,名は庄兵衛,別に尾張部守貞と称し,季荘,舎山,月光庵と号した。喜田川は北川の代字かという。大坂に生まれ,商売で江戸に往来したようで,天保8(1837)年には江戸深川に仮寓したと思われる。11年9月以降は江戸に定住して砂糖を商う北川家を嗣ぎ,京,大坂,江戸3都の人情風俗を比較しながら記録する『守貞漫稿』を起筆した。これがのちに35巻の稿本として完成するが,その記述は嘉永6(1853)年にまでおよぶ大部なもので,明治41(1908)年『類聚近世風俗志』として刊行されている。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜田川守貞
きたがわもりさだ
(1810―?)

江戸後期の風俗史家。大坂生まれで本姓は石原氏。のちに喜田川氏を嗣(つ)ぎ、別に尾張部(おわりべ)守貞とも称した。1840年(天保11)江戸に移り深川に住む。彼の生涯については著作の『守貞漫稿』の自序によるほかはなく、没年は不明。『守貞漫稿』は、京坂や江戸の風俗、民間の雑事を見聞によって収集・分類した貴重な資料である。この書は1908年(明治41)に『類聚(るいじゅう)近世風俗志』と題して刊行された。[山内まみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜田川守貞の関連キーワード斎藤隆三高島雲溟守貞漫稿井筒屋庄兵衛(4代)井筒屋庄兵衛(5代)江馬務桜井秀鶴賀新内(5代)宮本勢助森田庄兵衛(1)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone