らふてえ

日本の郷土料理がわかる辞典「らふてえ」の解説

らふてえ


沖縄の郷土料理で、下ゆでしたばら肉を角切りにして、泡盛しょうゆ砂糖を加え、やわらかくなるまで時間をかけて煮た豚の角煮。◇「ラフテー」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「らふてえ」の解説

らふてえ

《多く「ラフテー」と書く》沖縄の郷土料理の一。豚の三枚肉の角切りを、だし汁泡盛・砂糖・醤油で煮込んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「らふてえ」の解説

らふてえ

〘名〙 沖縄料理の一つ。豚のバラ肉の角切りを醤油・砂糖・泡盛で煮込んだもの。角煮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android