コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角煮 カクニ

大辞林 第三版の解説

かくに【角煮】

マグロ・カツオ、また豚肉などを角切りにして煮込んだ料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の角煮の言及

【佃煮】より

…ハマグリのつくだ煮は〈時雨蛤(しぐれはまぐり)〉の名で三重県桑名の名物として知られているが,この時雨蛤という言葉は1750年(寛延3)刊の《料理山海郷》にその名が見え,〈つくだ煮〉よりは古い言葉のようである。また,カツオ,マグロをさいころ形に切って煮たものは角煮(かくに),フキを用いたものは〈伽羅蕗(きやらぶき)〉とも呼ばれる。【平野 雄一郎】。…

※「角煮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

角煮の関連キーワード日本料理/おもな調理用語成長期に食べさせたい食品トンポーロー(東坡肉)ヤギ(哺乳綱)坂本屋角煮めし上吉原陽琉球料理卓袱料理らふてー沖縄料理らふてえぶたかま東坡煮東坡肉クジラ材料八角

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角煮の関連情報