コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

れそ レソ

デジタル大辞泉の解説

れそ

[代]《「それ」を逆にした語》三人称(中称)の人(指示)代名詞。あいつ。あのこと。直接にその名を言いにくいときに使う。→れこ
「や、―が言伝(ことづて)したぞや」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れそ

( 代 )
〔「それ」をさかさまにした語〕
指示代名詞。また、三人称の人代名詞。「それ」の隠語的表現で、直接言いにくい場合などに用いる。
情人などをいう。 「や、-が言伝したぞや/浄瑠璃・冥途の飛脚
それ。こういう具合。 「どいつでも妨げすると、脳頭から桶据まで(=尻マデ)、-だ(=コンナ具合ダ)/歌舞伎・幼稚子敵討」 → れこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

れその関連キーワード逃がした魚は大きいパラシュート反射地下雨水貯留施設鯨鯢の顎にかく熱火子に払う動ともすれば頼み少ない手が切れる途切れ勝ち馴れ初める胸潰らわしおっとっとともすると忍捩摺り半信半疑縊り殺す枯れ枯れ人代名詞空おぼれ枯ればむ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android