コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

れそ レソ

デジタル大辞泉の解説

れそ

[代]《「それ」を逆にした語》三人称(中称)の人(指示)代名詞。あいつ。あのこと。直接にその名を言いにくいときに使う。→れこ
「や、―が言伝(ことづて)したぞや」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れそ

( 代 )
〔「それ」をさかさまにした語〕
指示代名詞。また、三人称の人代名詞。「それ」の隠語的表現で、直接言いにくい場合などに用いる。
情人などをいう。 「や、-が言伝したぞや/浄瑠璃・冥途の飛脚
それ。こういう具合。 「どいつでも妨げすると、脳頭から桶据まで(=尻マデ)、-だ(=コンナ具合ダ)/歌舞伎・幼稚子敵討」 → れこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

れその関連キーワード逃がした魚は大きいパラシュート反射鯨鯢の顎にかく動ともすれば熱火子に払うオフザリップ馴れ初めるおっとっとともすると胸潰らわし手が切れる途切れ勝ち枯ればむ縊り殺す磯馴れ木産気付く空おぼれ忍捩摺り暮れ泥む人代名詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android