コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろう人形 ろうにんぎょうwax-doll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろう人形
ろうにんぎょう
wax-doll

ろうを素材として作った人形。ろう細工はその性質上鋳造彫刻の原型として古代から用いられてきたが,一方では彫刻の独立した一ジャンルを占め,ローマ時代には死者儀礼,祖先崇拝における死者のマスクが広く制作された。ルネサンス時代になると L.ギベルティはじめ多くの芸術家が,ろう細工に彩色を加えた胸像,メダイユにすぐれた作品を残している。 17~18世紀にはろう人形が一般に普及し,現在恒久的展示館としてはロンドンのマダム・タッソーによるものが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ろう人形の関連キーワードイメージマダムマイケル ブレイクナムハイパー・リアリズムウェストミンスターウォーリック城ワーテルローハリウッドずぼんぼ木下夕爾デルボー杉本博司マネキン淡谷幹彦見世物等身大ライト

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろう人形の関連情報