コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂土 サド

デジタル大辞泉の解説

さ‐ど【砂土】

砂の多い土壌。含まれる粘土が12.5パーセント以下の土壌をいう。

しゃ‐ど【砂土】

さど(砂土)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

砂土【さど】

湿った土壌を指の間でこすってみて,のざらざらした感じのある土壌。日本農学会では細土(孔径2mmのふるいを通過した土壌)中に含まれる粘土分の割合が12.5%以下の土壌と規定していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さど【砂土】

10パーセント程度の粘土を含み、他はほとんど砂からできている土壌。保水力がなく耕作に適さない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂土
さど

土性区分の一つで、かつて日本農学会法により粘土分の重量組成割合が12.5%以下の土を砂土とよんだ。指先の感触からは粘土分はほとんど感じられず、砂粒のざらつきのみ強く残る土で、そのなかにも粗粒の砂が主体になっているもの、細砂が卓越するものなどの違いがある。国際土壌学会法の土性表示のサンドsand(略記S)にほぼ相当するが、土粒の構成内容は異なる。砂質土壌すなわちサンディソイルsandy soilの意味で砂土という場合もあるが、明確な定義をもって使われる呼称ではない。むしろ砂質土壌には砂土・砂壌土が含まれるとみるほうがよい。砂土は過湿を好まない果樹などの作物には適した土地条件となりうる。礫(れき)片を含むことも多く、その場合は砂礫質土壌などとよばれる。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

砂土の関連キーワード大宮(埼玉県さいたま市)DNPマルチプリント菱電エレベータ施設カヤ(伽倻)山ウスバカゲロウデュースブルク砂壌土・沙壌土安部日鋼工業四国化成工業西陰村遺跡結城 一朗関東ローム小川原湖スリナム特徴層位砂丘農業地下灌漑単粒構造秦 豊吉マサ土

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂土の関連情報