コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わいやい ワイヤイ

デジタル大辞泉の解説

わい‐やい

[連語]《終助詞「わい」+終助詞「やい」。近世初めごろの語》活用語の終止形・連体形に付く。感動・強調を表す。…(の)だよ。…(の)だぞ。同輩・目下の者に対して用いられた。
「おのれはな、三が日の内に餅(もち)がのどにつまって、鳥部野へ葬礼する―」〈浮・胸算用・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わいやい

( 連語 )
〔終助詞「わい」に間投助詞「や」と終助詞「い」が付いたもの。中世後期から近世前期へかけての語〕
詠嘆を込めて確認した事柄を強く主張するのに用いる。 「おのれがつらがうつつて見ゆる-/狂言・鏡男」 「五十両が惜しければ母御の前でいふ-/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

わいやいの関連キーワードせぶる気疎い終助詞母御

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わいやいの関連情報