やい(読み)ヤイ

  • 終助

デジタル大辞泉の解説

[感]目下の者などに呼びかけたり詰問したりするときや、人を強迫したりするときに発する語。おい。こら。「やい小僧、こっちを向け」「やい金を出せ」
[終助]《間投助詞「や」+終助詞「い」から》体言や、活用語の終止形・命令形、助詞に付く。
相手に対し強く言い放ったり、強く呼びかけたりする意を表す。…よ。「そんなことではないやい
「太郎冠者あるか―」〈虎明狂・張蛸〉
同輩もしくは目下の者に対し軽く命令したり、さげすみはやしたりするときにそえる語。「よせやい」「泣き虫やい
[補説]「やよ」の音変化ともう。中世末ごろから使用された語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘感動〙
① 高圧的に相手に呼びかける時にいうことば。
※匠材集(1597)三「やよやまて やいしばしまて也」
※虎明本狂言・文荷(室町末‐近世初)「やい。それならばおもしろひ事いはふ」
② 応答のことば。〔物類称呼(1775)〕
[一] (間投助詞「や」と「い」の重なったもの) 文末にあって詠嘆を表わす。→補注。
※定頼集(1053頃)「あな憂やいこめてそただに止みなましかくつらからむ物と知りせば」
[二] (間投助詞「や」に終助詞「い」の付いたもの)
① 文末にあって聞き手に強く働きかける。室町時代から江戸前期に用いられた。→やいの
※虎明本狂言・麻生(室町末‐近世初)「藤六あるかやい」
② 人を表わす体言を受け、呼びかけたりはやしたりするのに用いられる。→やいの
※咄本・無事志有意(1798)竹光「推参もすさまじい。折介やい。のろまやい」
[補注](1)(一)の挙例の「定頼集」の歌には「やいこめ」の題がついており、確例と思われるが他には類例が見当たらない。
(2)(一)と(二)とは時代的にも、用法にも差が認められる。また、終助詞「い」は中世以降に発生したとされている。→()①
〘名〙 =やな(梁)名語記(1275)〕
(助動詞「やる」の命令形「やれ」が変化したもの) ⇒やいの

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やいの関連情報