コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡男 かがみおとこ

世界大百科事典 第2版の解説

かがみおとこ【鏡男】

狂言の曲名。女狂言。越後の国,松の山家の男が,妻へのみやげに,都で鏡を買って帰る。が,鏡というものを知らぬ妻は,映った自分の姿を見て,夫が都でなじみになった女を連れて帰ったと思って怒る。大蔵流は夫と妻の2人が登場し夫がシテ。和泉流も夫がシテだが,鏡売りがアドとして登場し,妻は小アド。能《松山鏡》,落語《松山鏡》と同工異曲の筋立てで,いずれも説話文学の流れを汲むものと考えられる。【羽田 昶】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鏡男の関連キーワードおりゃらします狂言現行曲一覧御座無しわいやい此れの人おりゃる是の人女物奇特化粧守る女共喃喃ろう

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡男の関連情報