コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わっぱ ワッパ

デジタル大辞泉の解説

わっぱ

[副]やかましくわめきたてるさま。
「めでたい市のはじめに何事を―と言ふぞ」〈虎明狂・鍋八撥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わっぱ

( 副 )
大声をあげてわめきたてるさま。 「何事を-と言てお歩きやるぞ/狂言・仏師」 「 -トワメク/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のわっぱの言及

【弁当】より

…屋外で食事をとる必要から携行する食物のこと。農・山・漁村や都市の諸技能者の間では,屋外の労働を目的としたとき,家に帰って食事をとれない場合に携行したが,その形態は地域ごとの食生活に応じて一様ではなかった。米飯,粟飯,稗飯,芋などが中心で,それによって容器も異なり,畑作地帯では稗や粟の飯を入れる網袋状の苞(つと)が多い。そのほか藺(い)やわらなどで編んだ苞のほか,柳や竹の皮で編んだ行李(こうり),杉や桜をへいで曲げたワッパ,メンパの類があった。…

【破子(破籠)】より

…食物を入れて持ち運ぶ容器。《和名抄》によると餉笥(かれいけ),つまり食物を入れる曲物(まげもの)の器で,内部に仕切りのあるものとされている。おおむねヒノキの薄板で造り,ふたつきのものだったようである。《宇津保物語》に〈檜破子(ひわりご)五十,ただの破子五十荷〉とあるように,ふつうの破子のほかに檜破子と呼ぶものがあった。破子そのものがヒノキを材料としたことを考えると,この両者がどう違っていたのか理解しにくいが,《賀陽院水閣歌合(かやのいんすいかくうたあわせ)》(1035)には,その際に用いられた檜破子が,紫檀(したん)の地に螺鈿(らでん)を施した足をつけてあったと注記している。…

※「わっぱ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

わっぱの関連キーワード『三国志演義』の登場人物曲げわっぱ酒饅頭檜枝岐(村)上掛け・上掛越後湯沢温泉秋田県大館市佐々木 たづ【かんじき】上張り・上張わっぱ騒動湯沢[町]森藤右衛門三島 通庸尾鷲わっぱ大館(市)斎藤 博之湯沢(町)三島通庸農民運動沼間守一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わっぱの関連情報