コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋八撥 ナベヤツバチ

4件 の用語解説(鍋八撥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なべやつばち【鍋八撥】

狂言。鍋売りが、羯鼓(かっこ)売りと1軒の店を争って舞ううち、鍋を割ってしまい、「数が多くなってめでたい」と負け惜しみをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なべやつばち【鍋八撥】

狂言の曲名。脇狂言の市物。大蔵,和泉両流にある。新しく市を開設するに際し,目代(もくだい)は〈早々に到着して第一番目の店についた者は,市の代表者と認め免税にする〉という意味の触れ書を高札に書いて出す。それを読んでまず羯鼓(かつこ)売りが現れ,夜明けまでひと寝入りしようと横になる。次に浅鍋売りが現れ,先をこされたとくやしがるが,先着をよそおって,羯鼓売りのそばに寝る。やがて目が覚めた羯鼓売りと鍋売りの先着の言い争いになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なべやつばち【鍋八撥】

狂言の一。新市の一の店についたものを市司いちのつかさにするというので、羯鼓かつこ売りと鍋売りが先着争いをする。互いに商売物を打ってはやすが、鍋がわれてしまう。羯鼓炮碌ほうろく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋八撥
なべやつばち

狂言の曲名。脇(わき)狂言。市(いち)が新設され、一番乗りした商人には将来にわたって商売上の特典が与えられるというので、まず羯鼓(かっこ)売りがやってくるが、まだだれもいないので、ひと寝入りして夜明けを待つことにする。続いて鍋売り(シテ)が登場、先着者に気づくが一番乗りを装って同じくそばに寝る。目覚めた両人が先着争いをしているところに目代が仲裁に入るが、互いに自分の商売物こそが市の筆頭にふさわしいと故事来歴を引いて譲らない。そこでいろいろ勝負をさせ、勝ったほうの言い分を認めることにするが、勝負がつかず相舞(あいまい)になる。羯鼓売りの俊敏な舞を鍋売りがまねるが、うまくいかず鍋を割ってしまい、「数が多くなってめでたい」といって終曲。あくまできっぱりと敏捷(びんしょう)な羯鼓売りと、いかにも世知にたけているが鈍重な鍋売り、すべてに対照の妙が発揮されている曲。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋八撥の関連キーワード福の神鬼物序開き唐相撲能狂言百姓物前狂言雑狂言本狂言七つ子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone