コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もんぺ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もんぺ

労働着として用いられる下体衣。多く農山村における男女が,仕事着に用いる四幅 (よの) 型の山袴の一種。両脚に分れ,腰,膝にゆとりがあり,裾が細く絞られている。木綿サージなどでつくられ,無地のほか,絣や縞などの柄物もある。東北地方,日本海側,中部地方などの寒冷地でよく用いられたが,第2次世界大戦中は上下二部式標準服の下体衣として,全国的に女性に着用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もんぺ

山袴(やまばかま)の一種。の形をして足首の所でくくるようにした、ももひきに似た労働用の衣服。主に農山村の女性が用いる。防寒用を兼ねる。もんぺい。 冬》「―穿(は)き傘たばさみて子規墓参/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

もんぺ

左右1対の前布,後布からなるゆったりした山袴(やまばかま)の一種。長着の上から着用し,農山村の労働着,女性の作業着,防寒着として着用されてきた。木綿,絹などで作られ,無地のほか縞(しま)や絣(かすり)が多い。
→関連項目国民服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もんぺ

山袴の一種。もんぺの名称が全国的に一般化したのは,第2次世界大戦中に婦人標準服の活動衣として着用が奨励されてからである。それ以前は主として東北地方および一部農山村地帯の農民の労働着,あるいは日常の家着として男女にかかわらず着用されていた。語源については不明な点が多く,文献にもあまり見られない。宮本勢助は《山袴の話》(1937)の中で,山形とも米沢の人ともいう紋平なる人物がはきはじめたからとの説があるが,民間語源説にすぎないとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もんぺ

すそを足首の所でしぼった労働用の袴はかま。腰回りはゆったりしていて、着物の裾を入れることができる。主に東北の婦人が用いたが、第二次大戦中全国に広がった。もんぺい。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もんぺ
もんぺ

山袴(やまばかま)の一種。「もんぺい」ともいわれ、その形態は地方によって異なる。このことばは裁着(たっつけ)、かるさんのように、古いことばではない。いずれにせよ農山村の労働着であり、とくに服飾構成では欠くことのできないものである。ことに第二次世界大戦中は女子の非常時服として採用され、全国的に普及した。戦争の終結とともにその使用は農山村に限られて用いられたが、現代ではそれもズボンにかわりつつある。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のもんぺの言及

【仕事着】より

…男子は頰かぶり,向こう鉢巻をした。第2次世界大戦中には上下二部式標準服の制定により,全国の女性は半ば強制的に下半衣にもんぺを着用させられた。戦後,もんぺはその機能性から農作業着として全国に定着し,とくに関東以西で愛用され今日にいたっている。…

【ズボン】より

…それらは江戸時代を通じて,その機能性からして,まず武家社会に,ついで庶民生活にも広く浸透した。農山村の労働着,防寒着として知られる〈もんぺ〉も,上部がゆるやかで裾がしまったその形式は,外来ズボンの影響をうけた袴と基本的に一致している。幕末には外国人の軍服の代用として,筒袖と裁付が盛んに着用され,明治以後になると軽衫はもんぺに転化していった。…

※「もんぺ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

もんぺの関連キーワード柴田 やす倉田真由美大塚 末子腰回り小学生作務衣朝鮮服婦人着物大話裁付軽衫洋服化粧

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もんぺの関連情報