コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイギストス Aigisthos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイギストス
Aigisthos

ギリシアの伝説上の英雄。テュエステスが実の娘ペロペイアに生ませた子。ペロペイアを妻にめとった伯父アトレウスの子として育てられるが,長じてテュエステスの殺害を命じられたおりに,実父がだれであったかを知り,逆にアトレウスを殺した。その後アトレウスの2子アガメムノンメネラオスがトロイ戦争に出征している間に,アガメムノンの妃クリュタイムネストラと通じ,帰国したアガメムノンを殺害,ミケーネの王位についた。しかしやがて成長して帰国したアガメムノンの王子オレステスにクリュタイムネストラともども殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイギストス

ギリシア伝説の登場人物。テュエステスの子。捨てられて山羊に育てられる。長じてアルゴスに帰り,クリュタイムネストラと通じてアガメムノンを謀殺したが,のちオレステスに殺された。
→関連項目エレクトラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアイギストスの言及

【アガメムノン】より

…ヘレネを奪還すべくアウリスに結集したギリシア艦隊の出港時,娘のイフィゲネイアを女神アルテミスへの犠牲に供して,妃クリュタイムネストラの恨みを買った。その10年後,トロイアを陥落せしめ,所期の目的を遂げた彼は,みずからの婢妾としてトロイア王女カッサンドラを伴い,故国に凱旋したが,妃とその情人アイギストスに殺された。彼を主要な登場人物とする文学作品では,トロイア戦争中の彼とギリシア軍最大の英雄アキレウスとの争いを語るホメロスの叙事詩《イーリアス》,エウリピデスの《アウリスのイフィゲネイア》,アガメムノンの殺害とその子女オレステス,エレクトラによる仇討を描いたアイスキュロスの〈オレステイア三部作〉等の悲劇が名高い。…

【アトレウス家伝説】より

…さらにアトレウスは和解をよそおい,弟とその子を供宴に招き,ひそかにその子を殺し肉を食せしめた後,首や手足を示した。テュエステスは復讐を遂げるため神託に従って,実の娘との間にアイギストスAigisthosをもうけた。彼によりアトレウスは殺され,後をその子アガメムノンが継ぎ,弟メネラオスとともにアトレイダイ(アトレウスの胤)と呼ばれる。…

【エレクトラ】より

…(3)ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,幼い弟オレステスを国外に逃し,成人してからいとこのピュラデスPyladēsとともに故国に戻った弟と力をあわせて父の仇を討った。アイスキュロスの〈オレステイア三部作〉,ソフォクレスおよびエウリピデスの《エレクトラ》などの悲劇作品でよく知られる。…

【オレステス】より

…ギリシア伝説で,ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,まだ少年だったオレステスは姉エレクトラの手引きで叔父のフォキス王のもとに逃れ,いとこのピュラデスPyladēsとともに育てられる。成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。…

【クリュタイムネストラ】より

…ヘレネの姉妹。夫がトロイアをめざすギリシア艦隊の出帆を可能ならしめるために娘のイフィゲネイアを犠牲に供したことを恨んだ彼女は,夫の出征中に通じた義理の従兄弟のアイギストスAigisthosと謀り,10年ぶりに凱旋した夫を,婢妾として連れ帰ったトロイア王女カッサンドラもろともに殺害したが,のち息子のオレステスに討たれた。【水谷 智洋】。…

※「アイギストス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイギストスの関連キーワードクリタイムネストラカッサンドラオレステイアトロヤ戦争

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android