アイディアル

精選版 日本国語大辞典「アイディアル」の解説

アイディアル

(ideal)⸨アイデアル
[1] 〘形動〙
① 理想とするような。理想的。
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「八犬士は曲亭馬琴が理想上(アイデヤル)の人物にて」
② 非現実的。観念的。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「只(ただ)(うら)むらくは僕があんまりアイデヤル(〈原注〉アイデヤルとは世の中に行はれさうになきことを現に行なってみたく思ふ癖をいふ仏のウビクトルユウゴウ翁なども政事上の事に関しては頗るアイデヤル主義なりと云々)だもんだから」
[2] 〘名〙 人間が到達しようとする究極の目的。極致。理想。
小説総論(1886)〈二葉亭四迷〉「人物の善悪を定めんには、に極美(アイデアル)なかるべからず。小説の是非を評せんには、我に定義なかる可らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android