コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタインの光化学当量の法則 Einstein's law of photochemical equivalents

1件 の用語解説(アインシュタインの光化学当量の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アインシュタインの光化学当量の法則【Einstein's law of photochemical equivalents】

1912年にアインシュタインの提案した法則.光化学第二法則*光化学当量の法則*ともいう.「光化学反応において,一個の分子はただ一個の光量子のみを吸収して化学変化を起こす」というもの.1モルの分子が活性化されるのに必要なエネルギー

ENhν

となる.

この法則が,光化学第二法則*呼ばれるのは,グロートゥス‐ドレイパーの法則*光化学第一法則*というのに対してである.実際の光化学反応の場合,必ずしもこの法則通りにならないのは,光量子を吸収した分子が蛍光や燐光の形で,あるいは別の分子との衝突によってエネルギーを失う場合や,反応の結果多数の生成物が生じ,これをもとに連鎖反応が起きたりするからである.別名を,シュテルン‐アインシュタインの法則*ともいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインの光化学当量の法則の関連キーワードアインシュタイン宇宙アインシュタイン温度アインシュタイン‐シュタルクの法則アインシュタインの拡散式アインシュタインの質量‐エネルギー転換公式アインシュタインの重力定数アインシュタインの特性温度アインシュタインの場の方程式アインシュタインの比熱関数シュタルク‐アインシュタインの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone